<未完成>小児の周手術期の看護〜術前、術直前、術直後、術後の看護の実際について解説するよ

周手術期の看護〜術前、術直前、術直後、術後術前観察乳幼児期の術前観察のポイントこの時期の子どもは自ら訴えを十分に伝えることができず、全て不機嫌・啼泣・無欲状態(活気がない)などの非特異的な全身症状で表現されるので活気・機嫌の有無の観察は、入院時一見して知る最初の情報となる。泣き方も入院という環境の変化や処置に対する一般的にみられる反応か否かを動作や泣き声の高低、顔色等を注意深く観察することによって...

小児看護学 全身清拭〜特殊な状態での清拭方法(点滴施行中、上下肢の留置、術後の患児抑制帯着用)

小児看護学実習では、絶対にと良いほど何かしらの固定方法で点滴やギプス、シーネをされている患児を受け持つ事になります。そうなった場合、学生さんが困ることが何と言っても・・・「清潔の保持」になります。今回は、全身清拭〜特殊な状態での清拭方法(点滴施行中、上下肢の留置、術後の患児抑制帯着用)について解説したいと思います!■目次 ▶目的 ▶手順 ▶ケアのポイント ▶1.点滴施行中の患児(上下肢に留置してある場合...

小児看護学 1型糖尿病 看護 

小児看護学実習では外来の実習もあるかと思います。そんな中で、成人しても小児科で外来フォローを受けている患者さんも中にはいてびっくりされる方もいらっしゃる学生さんもいるかもしれませんね今回は、特に外来フォローされている可能性が非常に高く、学生さんが遭遇しやすい「小児の1型糖尿病」について解説したいと思います。■目次 ▶血糖調節の仕組み ▶小児の1型糖尿病の病態生理 ▶1型糖尿病の診断・検査 ▶小児の1型糖尿...

小児看護学実習で受け持つ事が多いネフローゼ症候群 看護とは看護計画も合わせて考えよう

小児看護実習で一番、受け持つ可能性が高いのはネフローゼ症候群です。そのため、事前にレポートを作成し、受け持った患児に当てはめて個別性を出した看護を行えるようにしましょう!今回は「小児看護学実習で受け持つ事が多いネフローゼ症候群 看護とは看護計画も合わせて考えよう」について解説したいと思います!■目次 ▶1.ネフローゼを勉強する前に浮腫(edema)をしっかりと覚えよう ▶2.ネフローゼ症候群について ▶ネフロ...

小児看護学 ディベロップメンタルケアってなんのこと? 

ディベロップメンタルケアってなんだろう?ディベロップメンタルケアとは、早産によって産まれた未熟児や、何らかの病気を持って産まれた赤ちゃんに対して、外的ストレスをできる限り最小限にした環境のもとで、赤ちゃんの成長や発達を促していこうとするケアのことです。イメージとしては「お母さんの子宮内に近い環境を整える」といった感じになります。 以下のリンクにディベロップメンタルケアに必要な内容が記載されています...