統合失調症 慢性期 標準看護計画 援助計画のポイント

統合失調症 慢性期 標準看護計画 精神科実習にこれから行かれる方、ペーパーペイシェントのレポート作成がある方のため、統合失調症 慢性期の標準看護計画を!精神科実習では特に「個別性」が重要視されます。 そのため、標準看護計画を作成しても、対象の看護計画になっていない事が多いため、ベースは標準看護から作り、しっかりと個別性を重視したものを挺出できるようにしましょう。 この記事の...

躁うつ病患者の標準看護計画

躁うつ病とは 気分(感情)の障害を主徴とする。気分が高揚し意欲の発動性が亢進する躁状態と、反対に気分が沈滞・低下し意欲の発動性が抑制されるうつ状態がある。病型には躁病相、うつ病相の一方だけを持つ単極型と両方を持つ双極型がある。発病には生物学的要因(遺伝因子)や心理的要因(性格)、社会的要因(就職や結婚など)が関与しているといわれている。これらの要因が交互に関連しながら発症に至っている。うつ状態は、...

統合失調症患者の標準看護計画(慢性期)

【統合失調症とは】 主として青年期に発病し、特異な精神症状を呈するとともに人格の解体をきたし、放置すれば特有の精神荒廃状態に陥る慢性の精神疾患であり、内因性精神病の代表的なものである。この病気の原因は不明であり、発病に関しては遺伝的要因、体質的要因、人間関係などの心理的要因、社会その他の環境的要因など、様々な要因の関与によるものと推定されている。発病年齢、症状、経過、予後の観点により、解体型(破瓜...

被毒妄想 看護計画

目次▶妄想とは▶看護計画妄想とは妄想は現実にありえないことを強く確信し、訂正不能な考えのことである。妄想はその妄想をもつ契機が心理学的に了解不能な一次妄想(新性妄想)と、心理学的に了解できる二次妄想(妄想的観念)に分けられ、一次妄想はその出現の形式から表のように分けられる。統合失調症の主症状である。看護学生のための精神看護臨地実習note [ 日本精神科看護技術協会 ]価格:1,944円(2017/7/18 10:07時点)感想(0...

統合失調症の看護の実際 学生さんが一番受け持つ統合失調症の看護計画ってどうやるの?

今回は、統合失調症のセルフケア理論を用いた看護計画について解説したいと思います。精神看護実習では主に急性期・慢性期と2つの領域のどっちかを実習されるかと思います。実習場所として、救急病棟、急性期病棟、療養病棟(閉鎖・開放)のどちらかになるかと思います。(※ 各実習病棟の特殊性についてもしっかりと学習をしておく必要があります)さて、今般、統合失調症単体の疾患をお持ちの方は少なくなっている事が言われて...